dTV information

2020.12.09 水

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』興行収入288億円突破&dTV視聴数好調記念!炭治郎の心揺さぶる名セリフを一挙紹介!!

この度、映像配信サービスdTVで絶賛配信中のテレビアニメ「鬼滅の刃」の2020年10月度視聴数が映画公開前の2020年9月と比べて約2.7倍増加(270%増)いたしました。また、2020年11月度も視聴数が約2.6倍増加となっており、作品の人気の高さが伺えます。

そして今回、dTVで配信中の『TV版「鬼滅の刃」』の視聴数増加と、現在公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開52日間で観客動員数2152万人以上、興行収入288億円を突破したことを記念して、主人公・竈門炭治郎の名セリフを一挙ご紹介します。

<竈門炭治郎の名セリフ>

「頑張れ 炭治郎 頑張れ!!俺は今までよくやってきた!!俺はできる奴だ!!」

⇒元下弦の鬼である響凱(きょうがい)との戦闘で炭治郎が自分を奮い立たせるために言い放った言葉。以前は力の無さを前にただ懇願することしか出来なかった炭治郎が、今度は自らを奮起させて戦おうとする、何があっても諦めない!といった炭治郎の成長が強く感じられる一言。

 

「失っても失っても生きていくしかないです。どんなに打ちのめされようと」

⇒婚約者を鬼に殺されてしまった青年を、炭治郎が慰めるシーンでの言葉。炭治郎の言葉の深さや心の強さが伝わってきます。

 

「俺と禰󠄀豆子の絆は誰にも引き裂けない!」

⇒上弦の伍・累との戦闘中、炭治郎のピンチを糸に捕らえられた禰󠄀豆子の血鬼術・爆血が助け、炭治郎が爆血の炎とヒノカミ神楽で累の頸を斬るシーンでの名言。

兄妹の絆で格上の鬼に一矢報わせる素敵なシーンです!

 

「頑張れ!!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!!」

⇒蝶屋敷での休養と修業から新たな任務へと旅立つ炭治郎が、自分の心で決断をしない栗花落カナヲに送った言葉。心が誰よりも強く、心で成長してきた炭治郎だからこそ言える一言。

 

そんな炭治郎の魅力が満載のアニメ「鬼滅の刃」(第1話~第26話)はdTVで絶賛配信中ですので、是非チェックしてみてください!

⇒ https://video.dmkt-sp.jp/ti/10023825

 

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 

<基礎知識>

週刊少年ジャンプで、2020年5月に最終回を迎えた少年マンガ『鬼滅の刃』。同作はテレビアニメが2019年4月から放送され、盛り上がりを加速。「オリコン年間コミックランキング 2019」では、「コミック作品別」ランキングでシリーズ初の第1位を獲得!そして2020年12月4日時点でシリーズ累計発行部数1億2000万部を突破!

「鬼滅の刃」の舞台は大正時代。家族を人喰い鬼に殺されてしまった少年・竈門 炭治郎(かまど たんじろう)が、唯一生き残るも鬼となってしまった妹の禰󠄀豆子(ねずこ)を人間に戻す方法を探すため、鬼たちとの戦いに身を投じる物語です。2019年に放映されたアニメは、“竈門炭治郎 立志編”。 炭治郎が禰󠄀豆子とともに旅立ち、鬼を討つ組織・鬼殺隊(きさつたい)に入隊し、時を同じくして隊に入った仲間や<柱>と呼ばれる鬼殺隊の中核をなす強力な剣士たちと出会い、鬼の始祖である宿敵・鬼舞辻󠄀 無惨(きぶつじ むざん)を倒す決意を固めながら、鬼殺隊士として成長していく姿を描いています。