dTV information

2021.2.17 水

dTVのCMナレーションをつとめてくれた“みちょぱ”がNTTドコモの担当者に直撃インタビュー! 「これからのdTVってどうなるの?」

普段からdTVを愛用してくれているみちょぱ(池田美優)さん。

‟もっとdTVのことを知りたい“ということで、今回dTVのすべてを知り尽くすNTTドコモのご担当者に、dTVのサービス概要や意外と知られていない便利な機能、さらにはお得な最新情報まで様々なdTVの魅力を伺いました!

 

【インタビュー対象者】

NTTドコモ 斉藤卓司さん(コンテンツビジネス部 コンテンツサービス担当部長)

NTTドコモ 一色亜希子さん(コンテンツビジネス部 コンテンツサービス 映像コミュニケーション第一担当)

みちょぱ「dTVについて、どんなサービスかを改めて教えてもらえますか?」

 

斉藤「映画・ドラマ・アニメなどの最新作から過去の名作まで多くの作品を月額550円で楽しめるサービスになります。」

 

みちょぱ「550円って相当安いですよね!?」

 

斉藤「そうなんです。多くの動画配信サービスは1,000円以上しますが、dTVはとてもお得なサービスだと自負しています。」

一色「みちょぱさんにCMでナレーションしていただいているように、dTVでは話題の映画・ドラマが毎月ゾクゾク追加されています。来月はどんな作品が追加されるのかをいつも楽しみにしています。好きなアニメの見逃し配信もあるので本当に550円で提供して大丈夫?と思ってます(笑)」

 

みちょぱ「胸キュン作品とか泣ける作品とか、特集がたくさんトップページに並んでいて作品が選びやすいですよね」

 

斉藤「そうですね、見たい作品を直接検索することもできますが、様々な特集の中から選んで見るということもできますので、その日の気分によって作品を選ぶという楽しみ方もあります」

 

みちょぱ「会員の方にあまり知られていない便利な使い方ってありますか?」

 

斉藤「配信前の作品を‟お気に入り“に登録しておくと配信開始の際に通知が来る機能がありますので、気になった瞬間に登録してもらうと、いざ見たい時にすぐ見ることができます。また、テレビでも見ることができますので、家の中ではテレビの大画面で楽しんで、外出する際にはスマートフォンに切り替えるという視聴の仕方もできます。」

 

みちょぱ「他社のサービスと比べてここは負けない!と思うポイントを教えてください。」

 

斉藤「ミュージックビデオやライブ映像などの音楽コンテンツが豊富にある点です。また、音楽ジャンルの中にプレイリストというカテゴリーがありまして、『新生活応援ソング特集』『平成ミリオンヒット特集』『癒し系ミュージック特集』など様々な楽曲がミックスされた特集を配信しています。私がこの前視聴した特集は『車CMソング特集』で、20曲くらい特集されていて、カッコイイPVを流しながら何か作業をする時などのBGMやBGVとして使いました。多くの特集が用意されているので、音楽コンテンツも気分によって選ぶという楽しみ方ができますね。」

みちょぱ「映画やドラマというイメージが強いから、音楽ジャンルが充実していることは意外と知られていないかも!私もプレイリストの特集は初めて知ったので、今日から使ってみます!」

 

みちょぱ「dTVで最近特に力を入れていることは何ですか?」

 

斉藤「在宅時間が増えてきているので、もっと自宅で楽しんでもらいたいという想いから、

昨年末から洋画・邦画・海外ドラマの人気作品を一気に500タイトルほど増やしました」

 

みちょぱ「数多くあるタイトルの中で、多くの人が視聴している人気作品やオススメ作品は何ですか?」

 

斉藤「『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』といったアニメ作品がどの世代でも非常に人気で、多くの人に見られています。アニメはテレビで放送中の最新話が放送の翌日などに、随時更新されますのでオンタイムで見逃しても、その後すぐにdTVで見ることが出来る作品が多いです。

また、映画タイトルを増やしたので視聴ランキングの上位に何作か新たにランクインしていますね」

斉藤「ある作品を見ると、その視聴した関連作品がdTV独自のレコメンドシステムで自動的に

オススメとして表示され、そこから新たな作品との出会いが生まれます」

一色「他にも監督名で検索すると、その監督の他の作品もすぐに表示されて便利です」

 

 

みちょぱ「dTVと聞くとドコモユーザーしか使えないのかと最初は思ってたんですが、そうではないんですよね?」

 

斉藤「もちろんドコモ以外のキャリアで楽しむことが出来ますし、決済もクレジットカードやスマートフォンで支払うことが可能です。最近ですとコンビニエンスストア(セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ)でも視聴用シリアルコードを購入することが出来るので、クレジットカードを持っていない方でも楽しむことが出来ます」

 

みちょぱ「えっ!コンビニで買えるのは知らなかったです。今度周りの人に教えようと思います!」

 

みちょぱ「今後のdTVはどうなっていく予定ですか?」

 

斉藤「dTVはコスパの良さが魅力なので、月額料金の550円は変えずに、作品はまだまだドンドン追加していきます。また、映画・ドラマ・アニメ・音楽など今中心になっているジャンルに限らず、いい映像コンテンツがあれば随時配信していきたいと思います。」

 

みちょぱ「料金は絶対に上げないで下さい!そこだけは死守してください!(笑)」

 

一色「実は現在『見るトクキャンペーン』(https://bit.ly/2MAhKo0)という作品を見れば見るほどお得なキャンペーンを実施中です。例えば毎月5作品視聴するとレンタルクーポン(500円相当)をもれなくプレゼントしたり、抽選で豪華な賞品が当たるキャンペーンになります。dTVの会員に満足してもらえるキャンペーンをこれからもどんどん考えて実施していこうと思っていますので、アプリ内はもちろん、dTVの公式Twitterでチェックして頂けると嬉しいです。」

 

みちょぱ「そんなに太っ腹で大丈夫ですか?CMじゃないけどますますヤバくない?って思いますね(笑)

  本日はありがとうございました。これからのdTVにも1人の会員として期待してます!」

 

dTVはこちら

https://video.dmkt-sp.jp/index