dTV information

2021.6.09 水

「進撃の巨人は私の教科書」「私生活の時間を進撃の巨人に費やした」 浅川梨奈、古坂大魔王らが‟進撃の巨人愛“を語る!? 劇場版アニメ「進撃の巨人」シリーズ3作品を本日より一挙配信!

この度dTVは大人気マンガ「進撃の巨人」(講談社)のコミックス最終巻が発売されることを記念して、
本日2021年6月9日(水)より劇場版アニメ「進撃の巨人」シリーズ3作品を見放題作品として一挙配信いたします。

「進撃の巨人」は諫山創による世界累計発行部数1億部を突破している人間と巨人との戦いを描いたダークファンタジー漫画。
圧倒的な力を持つ巨人たちに次々と食べられていく人間たちの姿は、多くの読者へ衝撃を与えました。
先日、別冊少年マガジン5月号にて堂々の完結を迎えた「進撃の巨人」の単行本最終巻(34巻)は通常版の他、諫山創の貴重なネームが収録される小冊子付き特装版「Beginning (ビギニング)」と「Ending (エンディング)」の3冊同時発売。
巨人と人との永きに渡る絶望の闘いが堂々完結することを記念して、dTVでは『劇場版「進撃の巨人」Season 1前編~紅蓮の弓矢~』(2014年公開)、『劇場版「進撃の巨人」Season 1後編~自由の翼~』(2015年公開)、『劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~』(2018年公開)の劇場版アニメ3作品を本日より配信開始!
そして、dTVで劇場版アニメ3作品が配信されることを記念して「進撃の巨人」をこよなく愛する有名人からコメント動画が到着!

 

人間と巨人のバトルやキャラクターの個性にハマったという女優の浅川梨奈は「空想上での戦いですが、見方を変えると共感できる部分がすごく多くて、私は『進撃の巨人』を自分の教科書みたいに小さい頃から読んでいたので、皆さんも‟私の教科書“を読んでください!という想いがあります」とコメント。

コミックスを書店で一気に買い揃えたというお笑い芸人の古坂大魔王は「考察系の動画をずーっと見ていました。相当私生活の時間を『進撃の巨人』に費やしましたね。周りから『進撃の巨人は怖いマンガでしょ?』と聞かれたときに『すぐ慣れるよ』と言うようにしています (笑)。それよりも一番怖いのは人間なんだという事がよく分かるマンガだと思いますね」とそれぞれコメントしています。

他にも有名人が「進撃の巨人」についてコメントを出しており、全容はdTV公式TwitterとdTV公式Youtubeで随時配信していきますので、是非チェックしてみてください!
また、今回新たに配信する3作品以外にも「進撃の巨人」のTVアニメシリーズや実写映画作品も配信中ですので、この機会に「進撃の巨人」シリーズを思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか?

<「進撃の巨人」 特集ページ>
https://video.dmkt-sp.jp/corner/10012138/

<有名人コメント動画>
■浅川梨奈コメント動画
https://youtu.be/uzl7_RJcXTk
■古坂大魔王コメント動画
https://youtu.be/jIZ2gckU2ZI

■劇場版「進撃の巨人」Season 1前編~紅蓮の弓矢~ (2014年) 

~作品概要~
諫山創の人気コミックをアニメ化し、2013年4~9月に放送されて大ヒットを記録したテレビシリーズ「進撃の巨人」全25話を再編集した劇場版2部作の前編。主題歌はテレビシリーズも担当して話題となったLinked Horizonによる新曲「紅蓮の座標」となり、エンディングテーマは劇伴も手がける澤野弘之が担当。
~あらすじ~
人を食らう謎の巨人に支配された世界で、人類は高さ50メートルの巨大な防壁を築き、その内側で暮らしていた。少年エレン・イェーガーは、まだ見ぬ外の世界を夢見ていたが、ある時、壁をも超える超大型巨人の出現により、エレンの「夢」も人々の「平和」も突如として崩れ去ってしまう…。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

■劇場版「進撃の巨人」Season 1後編~自由の翼~ (2015年) 

~作品概要~
2013年4~9月に放送されて大きな話題を生んだテレビアニメ「進撃の巨人」全25話を再編集した劇場版2部作の後編。主題歌はテレビ版、劇場版前編に続き、Linked Horizonの書き下ろし。
~あらすじ~
巨人化したエレンにより、破壊された扉は塞がれ人々は救われた。
ただ、その後の彼に対する民衆の反応は様々で、壁の内側に住む者ほど破滅に導く悪魔だと恐れ、外側に進む者ほど希望へと導く救世主だと讃えた。そんな中、憲兵団と調査兵団が共にエレンを引き入れたいと名乗り出る。それぞれの兵団の思惑が交錯しつつも、中央政府はエレンをどちらに引き渡すか審議にかけることに。
結果、彼は調査兵団に入れられ、中でも個性的な精鋭が揃う特別作戦班・通称「リヴァイ班」に所属することとなった。一方、同じく調査兵団にはエレンの同期、第104 期訓練兵たちも新たに加わり、彼らにとっての初の壁外調査へ。
巨人との接触を出来る限り避ける陣形を取りながら目的地を目指すが、他の巨人とは明らかに違う、知性を持つ女型の巨人に遭遇し……

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

■劇場版「進撃の巨人」Season 2~覚醒の咆哮~ (2018年) 

~作品概要~
2017年4~6月に放送された人気テレビアニメ「進撃の巨人」の第2期(第26~37話)をまとめた総集編劇場版。荒木哲郎総監督の下、「終わりのセラフ」で副監督などを務めてきた肥塚正史が監督、シリーズ構成は第1期から担当している小林靖子。アニメーション制作も引き続きWIT STUDIOが手がけた。
~あらすじ~
抵抗する術もなく巨人の餌となった母の最期を目の当たりにして、この世から巨人を一匹残らず駆逐することを誓ったエレン。しかし、過酷な戦いの中で彼自身が巨人の姿に変貌してしまう。人類の自由を勝ち取るために巨人の力を振るうエレンは、ウォール・シーナのストヘス区において「女型の巨人」と激突。巨人同士の激しい戦闘は、辛くもエレンの勝利となった。
それでもエレンに、そして人類に、休息の時は訪れない。次なる戦いは既に始まりを告げている。ウォール・ローゼに迫り来る巨人の大群に、人類はどう立ち向かう!?

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会