dTV information

2021.6.27 日

本日6月27日はCMやドラマに引っ張りだこの大人気女優・本田翼さんの29回目の誕生日! 「アオハライド」「起終点駅 ターミナル」など過去の出演作品を一挙紹介!

CM契約本数15本、今年9月から放送開始のドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」(NHK総合)や10月放送開始のドラマ「ラジエーションハウスⅡ」(フジテレビ系)にも出演予定の女優・本田翼さん。

現在女優・モデル業のほか、YouTubeチャンネル「ほんだのばいく」で動画を配信したり、スマートフォン向けゲームアプリ「にょろっこ」の製作総指揮を務めるなど、その活動範囲は多岐に渡り、いま最も忙しいタレントと言っても過言ではありません。

本日2021年6月27日(日)はそんな本田さんの記念すべき29回目のバースデーということで、dTVで配信中の本田翼さん出演作品をいくつかご紹介いたします。

(参考:主な1992年生まれの有名人・・・指原莉乃、剛力彩芽、染谷将太、トリンドル玲奈など)

 

<本田翼さん出演作品まとめ>

https://video.dmkt-sp.jp/tag/10036820

 

■映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」(2014年公開) ※レンタル作品

~作品概要~

川上弘美の同名人気小説を、竹野内豊主演、「犬猫」「人のセックスを笑うな」の井口奈己監督のメガホンで映画化。ニシノを取り巻く女性たちを、尾野真千子、成海璃子、木村文乃、本田翼、麻生久美子、阿川佐和子、中村ゆりかが演じる。

~あらすじ~

ルックスもよく、仕事もでき、セックスもよく、女には一も二もなく優しい。そして、女に関して懲りることを知らず、愛を求め続けた男、ニシノユキヒコ。彼の周りにはいつも魅力的な女性達がいた。そして、ニシノは彼女たちの欲望をみたし、淡い時を過ごすのだが、女性達は、最後には必ず自らニシノのもとを去ってしまう……。彼を取り巻く女性達の思い出から、真実の愛を探してさまよったニシノユキヒコの美しく切ない人生が浮かび上がる……。

作品TOPページ:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10022860/

(C)2014「ニシノユキヒコの恋と冒険」製作委員会

 

■映画「アオハライド」(2014年公開) 

~作品概要~

「別冊マーガレット」で連載の咲坂伊緒による人気コミックを、ドラマやCMで活躍する人気モデルの本田翼と「クローズEXPLODE」の東出昌大共演で実写映画化した青春ラブストーリー。監督は、「ホットロード」「陽だまりの彼女」の三木孝浩。

~あらすじ~

同名漫画を実写化した青春ドラマ。思いがけず再会を果たした高校生の男女の、切ない恋愛を映し出す。 中学1年生の双葉(本田翼)と洸(東出昌大)は、互いに恋心を抱いていたが、彼の転校により離れ離れになってしまう。しかし、高校2年生になった彼女の学校に、偶然、洸が転校してくる。どこか人が変わってしまったような彼に戸惑う双葉だったが、そっけない言動に隠された洸の優しさに触れ、再び彼に引かれていく。

作品TOPページ:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10010974/

(C)2014映画「アオハライド」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

 

■映画「起終点駅 ターミナル」(2015年公開) 

~作品概要~

第149回直木賞を受賞した桜木紫乃が2012年に発表した短編小説を、「小川の辺」「月とキャベツ」の篠原哲雄監督が映画化。果ての街で出会った心を閉ざした二人が孤独を分かち合い、新たな一歩を踏み出す人間ドラマ。北海道釧路市周辺でオールロケされた。自らを罰するように孤独の中に生きてきた弁護士を「誰も守ってくれない」の佐藤浩市が、彼との出会いにより希望を見出す若い女性を「アオハライド」の本田翼が、彼のかつての恋人を「萌の朱雀」の尾野真千子が演じる。

~あらすじ~

弁護士の鷲田完治(佐藤浩市)は、25年前、北海道・旭川で裁判官を務めていた。被告人として出廷した学生時代の恋人・結城冴子(尾野真千子)と再会した彼は、裁判後、彼女が働くスナックに通い二人の関係は再燃する。やがて妻子の待つ東京へ戻ることが決まるが、完治はすべてをなげうって冴子と生きていこうと決心。しかし冴子はその思いに応えることなく彼の眼前で自らの命を絶った。以来、自らを罰するかのように完治は判事の職も家族も捨て、釧路の地で国選の仕事しか引き受けない弁護士として孤独の中に生きてきた。ある日、弁護を担当した椎名敦子(本田翼)が完治のもとを訪ね、ある人を探してほしいと頼み込む。家族に見放され一人生きてきた敦子との出会いにより完治の止まっていた時間が動き始め、敦子もまた彼に心を開き人生の希望を見出していく。

作品TOPページ:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10014186/

(C) 2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

 

■映画「空母いぶき」(2019年公開) 

~作品概要~

「沈黙の艦隊」で知られるかわぐちかいじ原作のベストセラーコミック「空母いぶき」を、西島秀俊と佐々木蔵之介の共演で実写映画化。国籍不明の軍事勢力から攻撃を受ける中、それぞれの立場で国民の命と平和を守るため奔走する者たちの姿を描く。監督は「沈まぬ太陽」「ホワイトアウト」などの大作を手がけてきた若松節朗。脚本は「機動警察パトレイバー」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。

~あらすじ~

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた……。

作品TOPページ:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10046352/

(C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

 

 

dTVではこの他にも本田翼さん出演作品を多く配信しているので是非チェックしてみてください!