dTV information

2021.7.20 火

映画『ジャングル・クルーズ』公開間近! ドウェイン・ジョンソンの壮絶なアクションを堪能できる超高層ビルバトルムービー『スカイスクレイパー』がdTVで配信スタート!

dTVでは、超高層ビルでのバトルが見どころの映画「スカイスクレイパー」が配信開始となりました。

『ワイルド・スピード』シリーズや『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』などで知られ、2021年7月29日公開の『ジャングル・クルーズ』では、ディズニーランドの人気アトラクションの実写化に挑戦しているドウェイン・ジョンソン。

「ザ・ロック」というリングネームでWWEのスタープロレスラーとして活躍した実力と、鍛え抜かれた肉体を活かし、さまざまなアクションで楽しませてくれる彼が、前代未聞の超高層アクションに挑んだのが映画『スカイスクレイパー』です。

舞台は、香港に建設された高さ3500フィート(1066メートル)という史上最大のビル「ザ・パール」。

テロリストに占拠され、大火災に襲われた「ザ・パール」に家族が取り残されていることを知ったウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)が、たったひとりで救出に向かい、テロリストたち、大火災の炎、そして超高層ビルそのものに立ち向かっていきます。

今作のドウェイン・ジョンソンの魅力は、超人的ヒーローではないところ。

ドウェイン演じるウィルは、かつてFBIの人質救出部隊のリーダーとして活躍していたところ、とある事件で大けがを負い、左足が義足になったばかりか、心にも深い傷を負って引退。武器を置いて10年、愛する家族のために危機管理コンサルタントとして働いてきた「お父さん」なのです。

専用の装備も武器も何もない中、アイデアを振り絞り、時に無茶すぎる作戦をとりながら、とにかく身一つで戦うドウェインの奮闘ぶりに注目!

そして、香港の夜景をバックにそびえたつ地上1000メートルを越す高層ビル上でのアクションは、視覚的にも超刺激的。

熱いアクションと大迫力の映像、家族の絆が起こす奇跡を、ぜひご覧ください。

■『スカイスクレイパー』

~作品概要~

ドウェイン・ジョンソン主演、監督・脚本を『セントラル・インテリジェンス』でもジョンソンとタッグを組んだローソン・マーシャル・サーバーが務めたアクション大作。主人公の妻、サラ・ソーヤー役に『スクリーム』などのネーブ・キャンベル、舞台となる超高層ビルのオーナー、ジャオ役に『モータル・コンバット』シャン・ツン役で話題のチン・ハンらが出演。

~あらすじ~

香港に新しく建設された、高さ1キロメートル、240階建ての世界最大のビル「ザ・パール」。住居だけでなく、ホテル、公園、オフィス、ショッピングモール、コンサートホール、展望台など、あらゆる設備が揃い、ビル自体が一つの街になっていると言っても過言ではなかった。ウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)は、かつてFBI人質救出部隊のリーダーを務めていたが、ある事件で義足になったのをきっかけに引退し、危機管理コンサルタントとして働いていた。「ザ・パール」のセキュリティシステムを調査する仕事に就き、家族とともに「ザ・パール」に移住した矢先に、突如大規模な火災が発生。家族がいる住居フロアにも炎が迫る中、なぜかウィルが、警察から事件の容疑者として指名手配されてしまう。

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10023474/

(C) 2018 Universal Studios. All Rights Reserved.