dTV information

2021.9.21 火

待望の続編公開迫る! 最悪&漆黒のダークヒーロー映画 『ヴェノム』第1作目がdTVで配信スタート!

待望の続編『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の公開日が今年12月3日に決定した『ヴェノム』。

全世界累計興行収入が8億ドルを突破した第1作目がdTVで配信スタートとなりました。

 

ヴェノムは、マーベル・コミックスにおけるスパイダーマンの宿敵キャラクターのひとり。シンビオートという地球外生物が人間に寄生して生まれた存在で、真っ黒な体に鋭い牙という強烈なビジュアルを持ちます。

実写としては2007年公開の『スパイダーマン3』にヴィランとして登場した彼が、主役としてスクリーンに帰還! ダークヒーローとして描かれたのが『ヴェノム』です。

 

ジャーナリストである主人公・エディは、「ライフ財団」がひそかに人体実験をおこなっているという噂をかぎつけ、調査に乗り出します。

 

その報復として仕事を失い、婚約者に別れを告げられながらも調査を続け、「ライフ財団」に潜入することに成功。しかし、そこでエディは、実験の研究対象だったシンビオートと接触、寄生されてしまうのです。

 

同体化して「ヴェノム」となった彼らは、徐々に意思疎通できるようになり、奇妙な共同生活がスタート。

最恐⁉のバディとして、「ライフ財団」を率いるドレイクの陰謀と対峙していきます。

 

エディを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『ダンケルク』などで、屈強なアクションと繊細な演技を披露してきたトム・ハーディ。

ヴェノムに振り回されるエディをコミカルに演じつつ、実はヴェノムのモーション・キャプチャーや声も担当。二役の絶妙なやりとりを巧みに表現しています。

 

今作のポイントは、すぐに「人を食う」と言い出すヴェノムの邪悪さ&凶暴さをPG12指定の映像で描き切りながら、エディとのバディ関係をポップにフィーチャーしているところ。

実はチョコレートが好物だったり、エディを心配したり、だんだん見えてくる可愛い側面も必見です。

 

一見すると完全にヴィランなヴェノムですが、ふたりの絆が深まることで、まったく新しいダークヒーローが誕生。悪を容赦なく撃退する、痛快な暴れっぷりを堪能できます。

 

続編では、新たなヴィランとして「カーネイジ」が登場!

さらなる強敵に立ち向かうふたりの始まりの物語を、ぜひチェックしてみてください。

 

■『ヴェノム』

~作品概要~

スパイダーマンの宿敵として知られるマーベルコミックの人気キャラクター「ヴェノム」を、「ゾンビランド」「L.A. ギャング ストーリー」のルーベン・フライシャー監督のメガホンで、新たなダークヒーローとして描く。

 

~あらすじ~

敏腕記者エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者を出しているという<ライフ財団>の真相を追う中、<シンビオート>と呼ばれる地球外生命体を発見し接触してしまう。この意思を持った生命体との接触により、エディの体は寄生され、その声が聞こえるようになる。「一つになれば、俺たちはなんだってできる」とシンビオートはエディの体を蝕み、このまま自分の乗り物となることを受け入れれば強大なパワーを与えるという取引を持ちかける。エディは肉体の変化に困惑しながらも、その力に少しずつ魅入られていく--。「俺たちは---ヴェノムだ」こうして、“最悪”の存在、ヴェノムが誕生した!

 

作品URL:https://bit.ly/3kxoqlb

 

コピーライト:(C) 2018 Columbia Pictures Industries, Inc. and Tencent Pictures (USA) LLC. All Rights Reserved. | MARVEL, and all related character names: (C) & TM 2019 MARVEL.