dTV information

2021.10.27 水

『DEATH NOTE』『バクマン。』のタッグが描く話題作の アニメ『プラチナエンド』がdTVで配信スタート!

実写映画化、アニメ化もされた人気マンガ『DEATH NOTE』『バクマン。』を生み出した原作・大場つぐみ×作画・小畑健が、3度目となるタッグを組んだ『プラチナエンド』。

 

待望のアニメ化が実現し、10月から放送開始されて早くも話題を呼んでいる今作が、テレビ放送と並行してdTVで配信スタートいたしました。

 

主人公・架橋明日(かけはし ミライ)は、家族を事故で失い、叔母に引き取られて迫害を受けながら生活を送っている中学生。

 

生きることに絶望し、中学校卒業の日に自殺しようとしていた彼の前に、突然美しい天使・ナッセが現れます。明日の命を救い、さらに天使のアイテム「翼」と「矢」を授けたナッセは、明日が幸せになるための手助けをすると宣言。

 

目に見えない速さで飛ぶことができる「翼」と、人間の運命を左右する「矢」を得て、生きる希望を知る明日でしたが、それは、なんと明日が「神」候補に選ばれたことを意味していたのです。

 

主人公が自殺寸前のシーンで物語が始まるーーという衝撃のオープニングと、突然与えられる道具とルールなどの意表を突く設定は、『DEATH NOTE』のコンビならでは。

 

そこに現れる天使・ナッセも、美しい外見と可憐な声を持ちつつ、人間の価値観から完全に逸脱した発言で不穏なムードを漂わせます。

 

明日のように生きる意味を見いだせない者13人の「神」候補たち、そして彼らを選んだ天使たちもまた、個性的なキャラクターばかり。

 

それらを演じるのは、主人公の明日役に入野自由、ナッセに小倉唯をはじめ、ほかの「神」候補である六階堂七斗役に森川智之、生流奏役に石川界人、花籠咲役にM・A・O、咲の天使ルベル役に花江夏樹などの豪華声優陣。

 

何が伏線となり、どんな展開に転がっていくのか、1話も見逃せない話題作です。

緻密に練られたシナリオにハイクオリティな作画など、見どころは盛りだくさん。

 

ぜひdTVで、気になるところを何度も見返したり、イッキ見するのもオススメです!

 

■『プラチナエンド』

~作品概要~

原作:大場つぐみ×作画:小畑健の『DEATH NOTE』『バクマン。』タッグが描く、生と死の物語。

 

~あらすじ~

「私が“生きる希望”をあげる」

架橋明日(CV:入野自由)は家族を事故で失い、引き取られた親戚のもとでも辛い日々を送っていた。全てに絶望した少年は、中学校を卒業したその日、ビルの屋上から身を投げる。しかし、少年はそこで1羽の天使と出会う--!?

 

作品URL:https://bit.ly/3AS5XEv

 

原作:(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・プラチナエンド製作委員会