dTV information

2021.11.10 水

11月10日は“いい友の日” 冬が来る前に、映画を観てアツい友情を感じてみませんか! 「友情がテーマの映画に関するアンケート」を発表!!

冬が近づいてきました。冬用の寝具や暖房器具などの準備は万端ですか。何かが足りない、何かを忘れているなんてことはありませんか。そんなとき一声掛けてくれる親しい友人がいたら…。「あぁ友達っていいなぁ」って、案外そんな何気ない日常で実感するものです。この度、dTVでは、11月10日の“いい友の日”にちなんで「友情がテーマの映画に関するアンケート」を実施。その結果を発表しました。

 

【洋画編】

「あなたが思う友情を感じる映画」で圧倒的な支持を得たのは、スティーブン・キングの短編小説を映画化したノスタルジックな青春ストーリー『スタンド・バイ・ミー』。「青春を感じるから」(40代女性)、「初めて見た時は、あまり理解できなかったが、大人になって見た時に、こんなふうに秘密を共有して旅をする友達って素敵だと思った」(40代女性)など、小さな冒険旅行を通じて主人公4人の特異な友情に感動し、何度も繰り返し観ているという人が多くいました。また「音楽が良かった」(50代以上女性)というように主題歌も印象的で、いつまでも愛される名作として語り継がれています。

 

続いて支持を集めたのが『ショーシャンクの空に』。こちらも原作はスティーブン・キングの小説で、ティム・ロビンス演じる濡れ衣を着せられ投獄された銀行マンと、モーガン・フリーマン演じる古株の囚人との友情を軸にショーシャンク刑務所で生きる男たちの様々な人間模様を描いた感動作です。「ホントにスカッとする物語だから。男の友情はスゴいと思います」(50代以上女性)、「アンディとレッド、周りの仲間の関係が、程よい距離感に思えるから」(30代女性)など、刑務所という絶望に陥ってしまいそうな環境の中で育まれる大人の友情に多くの映画ファンが引きつけられました。

 

また、少年2人の友情を描いた『マイ・フレンド・フォーエバー』には、「HIVの男の子との友情に泣けます。今は亡き、ブラッド・レンフロさんが出ています」(30代女性)、「病に冒されている友人との旅をしながら、友情のなんたるかを教えてくれた」(50代以上女性)。激しいカーアクションと仲間たちとの友情を描いた『ワイルド・スピード』シリーズには「ただの集まりでないことを劇中で語っている」(40代男性)、「仲間が一致団結して目標達成するから」(40代男性)といったコメントが寄せられ人気がありました。

 

その他、スティーヴン・スピルバーグ監督が宇宙人と地球の子供たちとの交流を描いた『E.T.』「最近テレビで見た時に友達っていいよねと感じたから」(40代女性)、トム・クルーズの出世作『トップガン』「男同士の友情に泣ける」(50代以上男性)、シルベスター・スタローン主演のボクシング映画『ロッキー4/炎の友情』「友と誇りのために、ただ一人で挑む」(50代以上男性)、インド映画で興行収入歴代ナンバーワンを記録したコメディ『きっと、うまくいく』「最後までの信頼関係」(50代以上男性)などヒット作が並びました。

 

さらに「“友情”“愛”“お金”どれか大事なものを1つだけ取るとしたらどれを選びますか?」という質問では、どれか一つに偏るのではなく、それぞれ同数票を集めました。そして選んだ理由には、なるほどと思わず頷いてしまうもの、現実的なものなど様々なコメントがありました。

 

【友情】を選んだ理由は、

「お金で友情は買えない」(50代以上男性)

「友情があってのものだから」(20代男性)

「友情は決してなくしてはならないものだから」(40代男性)

「人は一人では生きられないから」(50代以上女性)

 

【愛】を選んだ理由は、

「生きていく上で最も必要だから」(50代以上女性)

「愛はお金で、買えない。働けば食べてはいける。誰かのためになら、頑張れる。それも愛あればこそ」(50代以上女性)

「結局は愛情があればそれを守るため他のものも得ようと頑張れるだろうから」(40代女性)

「お金は必要なんですけど、愛がなければ生きるのが辛すぎるかなぁと。家族、友人………友情もある意味、愛なんじゃないかと」(30代女性)

 

【お金】を選んだ理由は、

「ある程度持ってないと助けたい時に何もできない」(50代以上男性)

「幸せは、お金があってこそ」(40代男性)

「お金があれば後に友情と愛の助けになる」(30代女性)

「結局、最後はお金な気がする…」(30代女性)

 

“友情”・“愛”・“お金”、ひとまず 11月10日の“いい友の日”は、dTVで胸アツな友情を感じる映画を楽しみましょう。

 

<dTVの作品はコチラから!>

https://bit.ly/31jEPCi

 

<調査方法>

調査期間:2021年10月28日~11月4日

調査対象:dTV有料会員

調査方法:インターネットによるアンケート(※複数回答可)