dTV information

2021.11.13 土

井ノ原快彦と道枝駿佑が親子役を熱演!実話から生まれた映画『461個のおべんとう』がdTVで配信スタート!

井ノ原快彦と、なにわ男子の道枝駿佑が親子役を演じた映画『461個のおべんとう』がdTVでスタートいたしました。

 

本作の原作は、結成30年を超える人気バンドTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美によるエッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』。

 

高校生の息子に3年間毎日お弁当を作り続け、ささやかながら愛情溢れる毎日の記録が大きな感動を呼んだ原作を、『キセキ あの日のソビト』や『泣くな赤鬼』の兼重淳監督が映画化。

 

原作の温かさを受け継ぎながら、お弁当をきっかけに不器用な親子が心を通わせる優しい感動作が誕生しました。

 

井ノ原快彦が演じる父親・鈴本一樹は、Ten 4 The Sunsのギターボーカルを務める生粋のバンドマン。生活のすれ違いから、息子が15歳の時に妻と離婚してしまいますが、「父さんの弁当が食べたい」という息子のリクエストに応え、「毎日お弁当を作る!」と約束します。

 

井ノ原は、実際に料理に挑戦しながら、慣れないお弁当作りに奮闘する一樹を好演。

 

多くを語らない自由人であるがゆえに誤解されやすい一樹を、自然体な魅力で演じています。

 

さらに、KICK THE CAN CREWのKREVA、芸人のやついいちろうという豪華キャストが揃ったバンドTen 4 The Sunsとして、歌声とギターも披露。リアルなライブシーンは必見です!

 

そして、その息子・虹輝を演じるのが道枝駿佑。

 

中3の時に両親が離婚して中学受験に失敗するも、高校進学を決めて1年後に入学。

 

両親との確執や、1歳年下のクラスメイトたちとの関係など、さまざまな悩みを抱える虹輝を繊細な演技で表現しています。本当の親子のような、井ノ原との息の合った芝居に注目です。

 

エンドロールでは、親子揃ってのデュエットも!

 

Ten 4 The Sunsの楽曲を含め、劇中歌を担当したのは、原作者の渡辺俊美。物語を優しく彩る名曲もじっくり堪能できます。

 

料理映画としても、音楽映画としても楽しめる『461個のおべんとう』を、この機会にぜひdTVでご覧ください。

 

■『461個のおべんとう』

 

~作品概要~

結成30周年を迎えた「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美が、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続けた親子の実話を、兼重淳がメガホンを取り映画化。

 

~あらすじ~

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由 に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ 行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。 慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。 ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も……一樹の怒涛のお弁当作りが始まる--。

 

作品URL:https://bit.ly/3HpKis2

 

コピーライト:(C) 2020「461個のおべんとう」製作委員会