dTV information

2021.12.10 金

岡田将生と志尊淳のダブル主演で贈るホラーミステリー『さんかく窓の外側は夜』がdTVで配信スタート!

累計発行部数130万部を超え、現在アニメが絶賛放送中のヤマシタトモコの大ヒット作『さんかく窓の外側は夜』。

 

『おじいちゃん、死んじゃったって。』の森ガキ侑大が監督を務め、岡田将生と志尊淳、平手友梨奈という豪華キャストが揃った実写版映画がdTVで開始いたしました。

 

岡田将生が演じるのは、除霊を仕事とする冷川理人。スタイリッシュな外見とは裏腹に、感情が読めない飄々としたムードの怪しげな男です。

 

そんな冷川が運命的に出会うのが、志尊淳が演じる霊感体質の青年、三角康介。

 

霊が視えることをずっと怖がってきた三角は、「僕といれば怖くないですよ」という冷川の言葉に導かれ、冷川の助手として働き始めることになります。

 

霊が〈祓える男〉と霊が〈視える男〉がタッグを組んで除霊を行うという前代未聞のバディを、岡田将生と志尊淳がミステリアス&ゴシックな雰囲気で熱演。

 

絵になる美しいツーショットもさることながら、さまざまな怪現象に立ち向かう中で徐々に心の距離を近づけていくふたりの繊細な演技に注目です。

 

また、欅坂46脱退後初の映画出演として話題を呼んだ平手友梨奈が演じるのは、物語のキーパーソンとなる少女、非浦英莉可。

 

呪いを操る能力を持ち、三角たちは彼女が仕掛けた呪いによる事件に巻き込まれていくことに。

 

彼女はなぜ人を呪うのか、何を求めているのかーー多くの謎を孕んだ英莉可という難役に、平手友梨奈ならではの存在感と表現力で挑んでいます。

 

さらに、三角たちに捜査を依頼する硬派な刑事・半澤日路輝役に滝藤賢一、半澤の妻である冴子役に桜井ユキ、謎の宗教教祖・石黒哲哉役に筒井道隆など、実力派キャストが勢揃い。

 

ホラーやファンタジーの要素を盛り込みつつ、重厚な人間ドラマが堪能できます。

 

人々の負の感情が生み出す「呪い」と対峙し、冷川と三角が最後に辿り着く答えとは?

 

まったく新しいホラー×ミステリー×バディムービー『さんかく窓の外側は夜』を、ぜひdTVでチェックしてみてください。

 

 ■『さんかく窓の外側は夜』

 

~作品概要~

ヤマシタトモコの同名コミックを岡田将生と志尊淳のダブル主演で実写映画化。森ガキ侑大が監督を務め、『重力ピエロ』の相沢友子が脚本を担当。PG12指定。

 

~あらすじ~

書店で働く三角康介(志尊淳)は、一見普通の青年だが、幼い頃から幽霊が見える特異体質に悩まされていた。ある日、書店に除霊師・冷川理人(岡田将生)がやってくる。「私といれば怖くなくなりますよ」の一言で、三角は冷川と除霊作業の仕事を共にすることになる。そんな中、ふたりは刑事・半澤日路輝(滝藤賢一)より一年前に起きた連続殺人事件の話を持ち掛けられる。調査をはじめたふたりは、やがて遺体を発見するが、その遺体には呪いがかけられていたのだ。真相を探るふたりに度々聴こえてくる死んだ殺人犯の声。そしてふたりはある言葉にたどりつく---。

 

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10054571?campaign=inf100250

 

コピーライト:(C)2021映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 (C)Tomoko Yamashita/libre