dTV information

2022.3.05 土

福山雅治&石田ゆり子が大人のラブストーリーを熱演! 映画『マチネの終わりに』がdTVで配信スタート

芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を原作に、福山雅治&石田ゆり子という豪華キャストを迎えて映画化した『マチネの終わりに』がdTVで配信スタートいたしました。

 

福山雅治が演じるのは、世界的クラシックギタリストの蒔野聡史。

とあるコンサートの終演後、蒔野は石田ゆり子が演じるパリ在住のジャーナリスト・小峰洋子と出会います。

出会った瞬間から惹かれ合っていくふたりでしたが、洋子には婚約者がいました。

それでも想いを抑えきれない蒔野は洋子に愛を告げ、洋子も秘めた想いを抱えて戸惑います。

仕事や周囲の人間関係など、さまざまな現実が迫るなか、パリ、東京、ニューヨークへと舞台を移し、40代にして運命的な恋に落ちたふたりの姿を切なく描いていきます。

果たして、すれ違う大人の恋の行く末は?

 

福山雅治は、スランプに陥って悩みを抱えるクラシックギタリストの蒔野を繊細に熱演。

年齢相応の葛藤や、恋に迷う危うげな色気など、多面的な魅力を発揮しています。

洋子を演じる石田ゆり子も、自立した強い女性でありつつ、可愛らしさや弱さを秘めた奥深さを魅力的に表現。

 

クラシックギターを練習して福山雅治自身が演じたコンサートのシーンや、石田ゆり子がフランス語と英語のセリフに挑戦しているシーンなどにも注目です。

さらに、蒔野を一途に想い続けるマネージャー・三谷早苗もキーパーソンのひとり。

どこまでも情熱的な女性の役を、桜井ユキが存在感たっぷりに演じています。

ほかにも、蒔野の師匠であるギタリスト・祖父江役に古谷一行、洋子の母親作に風吹ジュン、洋子の婚約者役に伊勢谷友介など、豪華キャストが共演!

東野圭吾原作小説をドラマ化した『ガリレオ』で福山雅治とタッグを組み、その後劇場版2作も手掛けた西谷弘監督がメガホンを取りました。

 

パリやニューヨークの美しい街並と、原作小説にある詩的なセリフを堪能できる大人のラブストーリー『マチネの終わりに』を、ぜひdTVでチェックしてみてください。

 

 

 

■『マチネの終わりに』

 

 

~作品概要~

芥川賞作家の平野啓一郎の同名ベストセラー小説を、福山雅治と石田ゆり子の共演で映画化したラブストーリー。

 

~あらすじ~

クラシックギタリストの蒔野聡史(福山雅治)は公演の後、フランス・パリの通信社に勤務するジャーナリストの小峰洋子(石田ゆり子)と出会い、強く惹かれ合う。気持ちを抑えきれない蒔野は、洋子には婚約者がいることを知りながらも、彼女へ愛を告げる。しかし、二人の間に思わぬ障害が生じ、思いはすれ違ってしまう。

 

作品URL:https://video.dmkt-sp.jp/ti/10036973?campaign=inf100358

コピーライト:(C)2019 フジテレビジョン アミューズ 東宝 コルク